Godoxストロボ AD200とTT685 TT600の比較

Godoxのストロボ AD200とTT685とTT600 比較してみました。

まず光量ですが公称どれもGN60となってます。

大概この手の比較は、広いところに持って行って写真撮って光の回り具合を確認してやるんでしょうけど、思いつきで家の中でやったので、いつも使用しているように傘に設置してフル発行で手持ちのフラッシュメーターで計測してみました。



明るさの比較では3機種とも実は変わりませんでした。

ただこの実験の時にやはりフル発行からのチャージタイムが気になったので、測定してみました。

AD200は1秒41で圧倒的に早いですね。実際の使用時もチャージで待つような感覚はほぼありません。TT600とTT685はほぼ同じで両者に違いはありません。

では普段使うのはどれが良いかというと、室内のみで日中外でフル発行しないような環境ならばTT600で十分だと思います。 TT600ならばAMAZONで7200円で買えます。

ただ日中シンクロするような環境でTTLでの自動調光させるにはTT600はTTL調光に対応していませんので、TT685かAD200になります。TT685が12500円 AD200が35000円ですのでチャージタイム以外にあまり変わらないことを考えるとTT685で十分な気がしてきました。

AD200のメリットはアクセサリーがつけられるところなんですが、今度TT685やTT600にAD200のアクセサリーがつけられるアダプターが発売されますもでそうなるとますます悩ましくなります。

おまけ

コスプレ 撮影系のYoutube  チャンネル やってます。  https://www.youtube.com/user/akibawatching

是非ついでに見てください。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

2 Comments

  1. AD200を検討していて、光量が変わらないとのこと参考になります。
    1年弱前の記事とのことでもう覚えていらっしゃらないかもしれませんが、AD200のヘッドは何を使っていたか、そしてTT685/600の照射角は何mmでセットしていたかわかりますでしょうか?
    AD200は28mmで、TT685/600は200mmでGN60との記述があったので、TT685も28mmにセットしたらAD200の方がパワーがあるのかなと思っていました。

    • きずかず遅異レスになってすみません。
      AD200はチューブの方でのテストです。
      照射角はすべて最広角だったはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。